KU様邸 施工中

こんにちは!!!!

雨の音で目覚めた12月最初の日となりました。

朝の冷え込みが抑えられた分、夕方に向けて寒くなるそうです🥶

オミクロン株なんて怖いニュースも気になりますが、

皆様も感染対策をして温かくお過ごしください。

 

さて本日は、夏の終わりに上棟されたKU様邸の施工状況をご紹介いたします!


↓上棟後1か月前後の頃

シュッとした印象の平板瓦を使った、招き造り(招き屋根)のお宅です。

これから外壁工事をしていくために、足場が組まれています。


 

先月中旬ごろ

外壁の工事が着々と進み、ココアブラン×クリームホワイトの優しい色合いの2トーンになっています。

ちなみにココアブラウンの所はジョリパットを使った塗り仕上げ。

ホワイトのほうはKMEWのフィオットを使用しています。

異なった素材で外壁を仕上げるのも面白いですよね♪

 

ここからは、一昨日私が現場にお邪魔して撮影した時の様子になります📸✨

リビング部分の高い天井には、杉内建設が得意としている梁丸太現しの仕上げとなるようです。

杉内建設の家づくりは、一つ一つが手作り。

大まかなサイズになっている木材を、現場で大工が加工して造っていきます。

 

担当のY大工さん。

気さくで柔らかい空気をまとっていますが、仕事になるとピン!とした空気に変わります。

コチラは廊下→和室へ上がるための踏み台を造っている様子。

しかも一枚板で造っています😮❕

現場で確認したサイズに材料をカットし、溝を付けるなどの加工をして取付けます。

口で言うと簡単ですが、踏み台一つにこの工程なので、家全部となるとどれだけ根気と時間が必要となるのか、想像力が追い付きませんね(笑)

 

他にも・・・

2階から見た吹き抜けの様子や、最近よく聞くファミリークローゼットの様子。

コチラも来年の竣工に向けて、着々と工事が進んでいるようです😊

 

前回の記事でお話しした通り、縦長の土地に建設中のKU様邸。

南側(道路側)から見た様子。

一瞬コンパクトな平屋に見えますが、南東から見ると・・・

招き屋根と切り妻屋根が組み合わさった、奥行きのある2階建てに♪

土地の形に合わせた家づくりなので、見る角度によって印象がだいぶ変わります。



ということで、年明け竣工予定のKU様邸。

外観はほぼ完成形に近づいてますが、内部はもう少しかかりそうです。

どんな仕上がりになるのか、楽しみです😍