top of page

M様邸 施工中


週末に群馬でも桜の開花宣言となりましたね~🌸

週の中ごろから天気予報に☔が続いているので、満開は来週以降になるかもしれませんね。


 

今日の現場日記は、高崎市で建設中のM様邸の様子をご紹介します。

上棟直後のM様邸。

まさに骨組み状態ですが、間口の広い平屋の雰囲気は伝わりますね😊

 

屋根の下地、野地板を張る様子。

写真ではいい天気ですが、雨に備えて迅速に仕上げていきます。


 

煙突が見えます👀

M様邸は薪ストーブのあるお宅なのです。


 

野地板の上にルーフィングシート(防水)、更に瓦を載せていきます。

瓦はちらりと見えているハシゴが、電動で屋根の上まで運んでくれます。


 

建物の北側。

瓦が敷き終わり、骨組みも見えなくなりました。

瓦はシックな黒の平板陶器瓦を採用されています。


 

断熱処理。M様邸は現場発泡断熱材のアクアフォームで施工されています。


 

現場日記で何度もご紹介している、透湿防水シートで覆われた様子。


 

外壁は杉の無垢板張りをご希望いただきました。


 

一通り杉板を張り終わった様子。

ここからの仕上げでの変化が楽しみですね🥰

 

内部の工事も着々と進んでいます。

写真は床板を張っている途中。高い耐水性と芳しい香りで人気の高い、桧の上小無垢板です。


 

梁丸太が4本も並ぶリビングの天井。

粘り強い性質が梁にピッタリな松の丸太、斜天井に使われているのは杉の無垢板。

適材適所での家づくりを心がけています🥰


 

こちらは玄関・ホールの天井。

こちらは家の顔となる部分なので、同じ杉でも上小材(節がほぼないもの)を使用しています。


 

ということで施工中のM様邸の様子でした😊

完成はもう少し暖かくなる頃かと思います。

また次回の更新お楽しみに~


Commentaires


bottom of page