A様邸 基礎~上棟~施工中

こんにちは!!!

最近バレンタインのCMがたくさん目に入ってくるようになりましたね😀

今年のバレンタインは日曜日。

チョコの準備はお早めに(笑)


さて本日の現場日記は、埼玉県で建設中のA様邸の基礎工事~施工中の様子をまとめてご紹介させていただきます😊



ちょうど去年のクリスマスにの記事(A様邸 地鎮祭)で初登場となったA様邸。

その後、基礎工事が始まりました。

地縄が張られた建築予定地に、砕石を敷き、防水シートで覆いました。



立上りの部分にコンクリートを流し、固まったら枠を外して完成✨

いつ見ても、ちょっとお菓子作りっぽいなと思ってしまします(笑)



完成した基礎に土台となる木材を配置していきます。

基礎と土台の間に見える青いものは気密パッキンというもので、基礎の内部の気密性を高めてくれます。


杉内建設は基礎断熱を採用しています。(ご希望で変更も可能)

床断熱の場合は床下を外と考えるため、先程の気密パッキンが、通気パッキンになります。



1月上旬、お正月の雰囲気がまだ残るころ、A様邸は上棟式を迎えられました😊

実はA様邸、コンパクトサイズな平屋で、延床約18坪なんです。

お子様が手を離れ、ご夫婦でお暮らしになるのに、手入れが届きやすいサイズ感ですね✨


16坪というサイズの為、工事の進みも早めに進んでいきます。

屋根もあっという間に野地板を張り終え、ルーフィング材に覆われました。



内部も断熱処理のための通気スペーサーが敷き詰められ、あとは断熱工事を待つばかりの状況。


瓦も載せられ、外部は透湿防水シートに覆われました。

外壁工事の準備もばっちりです😊


ということで、あっという間に工事が進んでいるA様邸。

春にはお引渡し予定となっております😊


どんなお宅が仕上がるのか楽しみです✨