KO様邸 施工中

こんにちは!!!

桜も葉桜となり、朝晩の冷えを除けばだいぶ過ごしやすくなってきましたね♪

先日、愛犬の散歩をしていたら、つくしやラベンダーを見かけました。

春っていいですね~😊


さて、本日の現場日記は、昨年末に上棟された、KO様邸の施工中の様子をご紹介いたします。


前回2月の記事(前回の記事はコチラ)でご紹介してから約1か月半。

今日は天気も良かったので、午前中に私(HP担当)が撮影してきました(笑)

外壁工事のための足場が外され、よくご覧いただける写真が撮れました😊





外壁材は、前回もご紹介した通り、焼杉×ジョリパット塗りとなっています。

以前はまだ下地だった部分が塗仕上げられていました。

近くによってみると見える木目が、とってもいい味をだしていました🥰



内部の様子。


担当しているのは、The匠・Y大工😉




KO様邸、開口になっている部分に、緩やかなアーチ状の垂れ壁をご希望されているため、いたるところでこの光景を目にしました。


垂れ壁をアーチ状にすることで、雰囲気が柔らかくなります。

仕上がりが楽しみですね✨



意図せず、前回とほぼ同じアングルでとっていた写真。

同じアングルなので、工事の進行具合がよくわかります^^

前回は見えていた天井の断熱材が、杉の無垢板に覆われ、斜天井(勾配天井)に仕上がっています。

この部分はすべて吹き抜けとなる予定。

空間の使い方が大胆かつ贅沢ですね😍


断熱材の様子。

天井は弊社でよく使われるアクアフォームという発泡ウレタン断熱材を使用。

ピタッと密着している様子がご覧いただけるかと思います。


壁には、「セルロースファイバー」と呼ばれる、新聞紙をリサイクルした環境にやさしい断熱素材を採用されています。


断熱材には種類も施工方法もいろいろありますが、セルロースファイバーは「充填工法」と呼ばれる施工方法となります。

写真の際立って白いテープのような部分から、セルロースファイバーをホースのようなもので吹き込み充填するため、隙間がなく断熱材の効力を発揮できる家に仕上がります😊



夏前には竣工予定のKO様邸。

仕上がりが楽しみです😊