Y様邸 施工中

こんにちは!!!

梅雨入りしていないといわれていますが・・・

これもう梅雨だよね?って思う日々の雨空模様ですが、いかがお過ごしでしょうか?

早く梅雨になると、早く終わるような気がしますが、

実際は早く梅雨になると、開けるのも遅くなる傾向だとか😅

今年は長梅雨ですかね~野菜の価格が心配です🥺


さて、本日の現場日記は、3月に上棟の記事でもご紹介した、Y様邸の施工中の様子をご紹介いたします。

伊勢崎市で施工中のY様邸は、1Fは1LDK+3S、2Fは3R+2Sの2階建てのお宅です😊


外観

そろそろ外壁工事が始まりそうな頃のY様邸の様子。

瓦には、すっきりとした印象の平板瓦の銀黒色をご選択。


ちょっと角度を変えてご覧いただくと、屋根の複雑さがご覧いただけるかと思います。

切り妻をたくさん合わせたような、日本の家独特の複雑な形をしています。


内部の様子


断熱処理が終わったこ頃のお写真。

見えづらいかもしれませんが、天井が断熱材で満たされ、もこもこしているのが伝わりますでしょうか?

中央を渡る梁も、こちらは天井が張られた後隠れてしまうものですが、無垢で美しく、立派なものを使っているのがご覧いただけるかと思います。


2階からの眺め

コチラも壁が完成したらご覧いただけなくなる部分ですが、梁の裏側がご覧いただけるかと思います😊


少し時間が進みまして・・・


リビング天井の様子。

天井材が張られ断熱材は見えなくなりました。


コチラは和室の天井です。

和室の天井は、特別なしつらいにすることが多く、目透かし天井(板目)目透かし天井(柾目)よしず格天井船底天井 、竿縁天井、網代天井など様々な種類があります。

リビングの天井材と比較するとわかりやすいかもしれませんが、Y様邸では和室に杉の上小板という、節目がほとんどない上質なものを採用されています。

木目も美しく、今にもコチラに香りが届きそうです😀



という感じで、着々と工事が進んでいるY様邸です。

最初に触れたとおり1Fは1LDK+3S、2Fは3R+2Sということで、たくさんのSがあるY様邸。


ちなみに、Sはサービスルームの略称です。

納戸や家事室、パントリーなど、お客様によって、様々なご希望が詰まった空間となっております。

杉内では完全自由設計+お客様と社長や大工の距離が近いのため、

お客様の「こんなスペースが欲しい」が実現しやすいため、間取りに個性が現れます。

図面を見てるだけでも楽しくなりますよ😊


話が本日も大幅に脱線しました💦

それでは、次回更新をお楽しみに~