Y様邸 上棟式

こんにちは!!!!

3月も折り返し地点。

気温も一層高くなり、桜の開花も去年に引き続きとても早いようですね🌸

明日の伊勢崎市の予想最高気温は21度💦

ますます桜のつぼみが膨らみそうです♪



さて本日の現場日記は、先月末、伊勢崎市で上棟式を迎えられた、Y様邸の様子をご紹介いたします。

Y様邸は1階が約29坪、2階が約14坪のお宅。



土台敷きが済んだ基礎。ここに柱が建っていきます。


足場が組まれ、いよいよ上棟が始まります!


1階部分の柱と梁・桁などが組みあがっていきます。


杉内建設が得意とする、梁丸太のあるお宅ですね😊



最高高さ、およそ8.5mもの場所で笑顔で作業をする大工たち。私だったら足ががくがくしてしまいそうです(笑)



大型のクレーンで材料を上げながらの作業。昔は荷上げも手作業だと思うと😫

上棟式の様子

奥様がお神酒を柱に注いで清めていきます。


お施主様も同様にお清めをしていきます。


四方固めの儀:代表の杉内も見守るなか、大工部長の海老原が掛矢(かけや)で締め固めていきます

たくさんのお施主様のご親族に見守られる中、夕日を背に、上棟式を締めくくりました。

南側から見ると、切妻屋根が二つ見えるような形のお宅です。

日が伸びたので、上棟式が終わっても、まだ空に水色の部分が残っていました。

上棟式の記事を書いていると、季節の移り変わりを感じます。


Y様、上棟おめでとうございます!!!!