T様邸 上棟式

こんにちは!!!

オリンピックが開催され、オリンピック情報一色となった週末でしたね😊

私は今年から競技となった、スケートボードを予選から自宅で応援しました。

見事、日本代表の堀米選手が優勝🎊

予選から終始興奮状態で、応援や悲鳴のような声を出し続けたので、午後はぐったりとしていました💦

自宅観戦とは言えども、応援のし過ぎには皆様もご注意ください(笑)


さて本日は、前橋市で上棟を迎えたT様邸の様子をご紹介いたします。


T様邸は1Fが約24坪、2Fが約10坪という、重心が1Fにどっしりとしているが特徴的な和風二階建てです。


隅木


1Fの屋根は寄棟となっているので隅木を取り付けている様子。

屋根などのの負荷がかかる大事な木材なので、太めのものとなっています。

しかもこちらの隅木は『化粧隅木』

丁寧に取り付けられます。

化粧垂木

杉内建設が得意とする和風の代表的な設えの化粧垂木。

棟木があがって、言葉通り上棟しました!!!



いよいよ上棟式!

祝詞を読み上げ、お清めをする代表の杉内。



Ys大工の掛け声に合わせて掛矢で締め固める海老原部長。

海老原部長の余談ですが、先日600mlのお茶が24本入った箱を3段重ねて(50kg弱)を軽々運んでいきました(笑)

大工さんってホント力持ちですね😊



棟梁Y大工

T様のお宅を担当する、匠Y大工。

腕はもちろん、ここだけの話、スタイルもよくお顔もかっこいいです♪



四隅を清めるお施主様。

暑い中のご参加ありがとうございます✨



という感じで無事上棟&上棟式が無事に結びとなりました!

T様上棟おめでとうございます👏

ちょっと自慢!

扇垂木


普通のまっすぐな垂木は先ほど紹介したまっすぐの垂木と違いアーチ状の曲線を描く垂木。

このような垂木を組むのはパソコンなどでは難しいようで、大工が現場で指示をして組み上げていくそうです。


この扇垂木をY大工は長年の経験を活かし、差し金(さしがね:L字状の線引きみたいなもの)1本でこなしたそうで・・・・


このIT時代、CADと呼ばれる図面を書くソフトや計算をできるソフトが多種ある中、それを凌駕していく昔ながらの大工の経験なのです。

とても感慨深く思いつつ、ちょっと自慢したくなりました😉



また次回更新をお楽しみに~